ハッピーバースデー 抱えきれないほどの愛を今 Foryou

じぇしたん17歳のお誕生日おめでとう゚・*: .。.:*・゜゚・*
去年の自分のおたおめ記事を読むと、まだじぇしたんを好きな自分に戸惑いが見えることと、だから大好きと叫ぶことへの抵抗があって、それでも大好きなのは隠しきれなくて滲み出てて、でも「まだ彼のことをよく知らない自分」に臆病になっていて、名前の呼び方も定まってないし、と思いっきり揺れていて笑った(笑)
でも今年は心置きなく叫べる!
じぇしたんお誕生日おめでとう!おめでとう!!おめでとう!!!
16歳の一年は、ジェシーにとっても私たちにとっても嬉しいニュースが尽きない本当に幸せな一年でした
スプラウト出演、ザクイズでドラマ初主演、サマリーにて初めてのメインコンサート、バカレアのイベントもやったし、銀幕デビュー、一人でバラエティ番組にもいくつか出たし、まさかの改名w、そしてまさかの月9出演、自分と相方2人がメインのコンサート、1クールにドラマ2本出演決定…
細かいことを挙げ出すとキリがないくらい。
こんなにわかりやすく大躍進の子の応援をするのは初めてで戸惑ったし、じぇしたんも戸惑っただろうけど、一つ一つの仕事に向き合って一生懸命に仕事をこなすじぇしたんは本当に見てて飽きないし、演技の面でも歌の面でも成長が見られて本当に応援しがいのあるというか、ずっと一年楽しく応援できたなーという印象。
じぇしたんは見た目クールに見られることが多くて、喋り方は頼りなくて、コメント求められると変なことしか言えなくて。
Rでもじゅりたんが上手にコメントしたあとに「ジェシーは?」と聞かれると「じゅりの言った通りでしゅ(ぽやーん)」としてるし。
思ってることが顔に出なさすぎて、きっとテレビ越しに初めてじぇしたんを見た人には誤解を与えてしまうかもしれない。
でも本当は、クールなどでは全然なくてむしろキャッキャうるさい中身ただの子どもで、精神年齢10才で。
でも何も考えていないように見えて、実はコンサートでのお客さんの反応をすごく気にしてみたり、俺がこう言ったらどうなるかな、とかもすごく考えてるんです。
ただそれが本当に表向きにはわからないから、周りから誤解されたりしてこれから大変なこともあるかなと思うのも事実。
あと、誰よりも頭じゃなくて心とか肌で敏感に何かを感じ取ってしまう子のような気もするし。
でもそういう、じぇしたんの実はきちんと考えてることは、苦手かもしれないけど言葉にしていけば伝わると思うし、見てくれている人は必ずいるから。
じぇしたんのまっすぐにがんばる姿はこれからも変えずに等身大のじぇしたんをこれからも見たいな。
だからじぇしたんの心で感じたこと、これからも成長していく中で変わるだろう考え方とか、一歩ずつ見守っていけたらいいな、と。それが私の幸せ><
さて、デレます。
ツイで書いたものをほぼまとめただけにはなりますが^^
周りから愛されて愛されて愛されてるじぇしたん゚・*: .。.:*・゜゚・*
8歳まで一人っ子だったわけだし、たくさんの愛に包まれてすくすく育ってきたんだろうなあ。
周りの人から好かれて可愛がられることは一種の才能だと思うし、こういう活動をしていく中ではとても大切な能力だと思うのね。
だから、生まれもったその愛され力をこれから大人になっていく中でも失くさないでほしいな、ずっとずっと周りから愛されて可愛がられるじぇしたんでいてね!!
それで、じぇしたんのゆるふわでまともな日本語でコメントできないところ、いつまでもごまかせるものでもないと思うけどw、まあこれからさらに積むであろう経験の中で変わっていくと信じてるし、見た目とパフォーマンスは実年齢以上に見えて、でも喋ると実年齢未満の児童だなんて、もう「ギャップ」という名の下に生まれた奇跡の子だと思うの><><><
だから今は、見た目「え、まだ17!?!?」中身「これで17!?!!?」という感じで、まだまだそれを売りにしていこうね!(激甘)
じぇしたんの頭のゆるさも、そこから紡ぎ出すアホっぽい言葉も、口癖の「まあ」「〜というね!」「しゅばらしい」を組み合わせればジェシー語の完成なところも、シャ行喋るところも、声が高いところも、キャッキャアホみたいに笑うかわいい笑顔も、甘えん坊なところも
透き通った肌も、左横顔のほくろも、高音から低音まで出る上手な歌声も、リズム感抜群のダンスも、足が長すぎるところも、スタイルモデル級なところも、英語がペラペラなところも、おばあちゃん大好きなところも、なんだかんだで妹も大好きなところも、いちご大福作るところも
コンサートではお客さんのことよく見てよく考えてるところも、真面目なところも、自分の立場を考えた上で全部に一生懸命挑むところも、素直なところも、、、ぜんっっっっぶ大好き!!!!!!大好き大好き大好き大好き大好き!!!!><><
16歳の輝くじぇしたんをたくさんたくさん見られてよかった。
幸せをたくさんありがとう゚・*: .。.:*・゜゚・*
17歳の輝くじぇしたんもたくさん見られますように。
17歳の一年はどんな一年になるんだろうね。
今のじゅにあ界を爆走するじぇしたんに私は期待しかないので、大人と子どもの狭間の今しかない姿を今年もいっぱい目に焼き付けられるように全力で願っています。
華のセブンティーン!
改めてお誕生日おめでとう!
じぇしたんだいすき!!!!

ジャニーズ銀座 北斗ジェシー公演 5/10 18:00〜

こんにちは!
始まる前からバタバタといろいろなことがあったクリエですが、なんとかとりあえず初日に入ってきました〜〜
バカレアサマリーもフレジュもうっかり感想書き逃して後悔してるので、今回こそはきちんとネタが温かい内に記録しておきたいと思います…
もうまた明日行くし…むしろ今東京向かうバスの中で書いてるし…(^∇^)
ということで、改行が上手くできてなくてとてもじゃないけど読み物ではないので、帰ってきたら直します!とりあえず上げとく!

続きを読む

この道の先に 夢の続きがあるから

どうもどうも、お久しぶりです。元気にジェシー担しております。
もはや誰に挨拶してるのかもわからないくらい私のアンテナ過疎ってるけど(笑)
久々に開いたら前回の記事でバカレア完全解体の危機に勝手に涙していて笑った(笑)
大丈夫、4ヶ月後に復活してるから!!!o(^▽^)o(笑)>11月のわたし
クリエだクリエだーー
去年もだったけど恐れていたクリエ血祭に今年も参戦しなければならなくなって(いえもちろん光栄です)振込に資金貯蓄に翻弄されています。
そしてそのバカレア括りなどに関しても残しておきたい感情があるのでまあ時間見つけて書くとして。
今日久々に現れたのは、ダイアリで書いておきたい、というか書かずにはおれなかった話題があったわけでー
それは、今月の明星さんの横尾くんの10000字インタビューです。
いや、毎月誰かのを読むたびに書きたくなってたんですけどね。にかいどうくんのも書くつもりだったけど時間がなくて書けなかったんですが。
なんかもう、こう、時間とかあってもなくてもどうしても自分の中だけで抑えてられない感情が湧き上がったので現れました。
長いので畳みます。

続きを読む

終わることない夢を見たい

思いっきり暑苦しくて湿っぽいバカレアについての記事を上げようと書きためていたんですが、もうそれは気持ち悪いことになったのと、やっぱり現段階ではまだ何も言えないし言いたくなかったので軽くだけ書いておくことにした^^
明後日の月曜日に少クラ見に行ってきます。
もしかしたらそこにあるバカレアの姿は今月までとは全然違うかもしれませんね
私がここ最近数ヶ月ずっと大好きで大好きで大好きでずっとこのままでいてと願い続けた形とはかけ離れてるかもしれませんし
それを覚悟して見なきゃいけないのは本当につらいし勇気がいるし怖いけど、だからこそ自分の目でしっかり確かめて見届けたいです。
そこにいる6人それぞれが笑顔でありますように。楽しそうに歌って踊ってくれていますように。
でももちろん一番願っていることは、バカレア6人そのままでありますように。
私たちが勝手に気にしてた不安なんて笑ってはねのけてしまうほどカラッと6人で歌ってくれてますように。
だってまだまだ君たち6人で聞きたかった見たかった曲いっっぱいあるんだよ!最後の最後まで信じてたいよねちょっとだけでも。
まあ正直現実に向き合えないほどヲタ歴短い人間じゃないので覚悟もちゃんとしているのでw今の内に全力で叫んどくね!
バカレア大好きだよ!!バカでアホでDKで笑えるくらい仲良しででもちゃんとこれからのことを見据えてる6人が大好きでたまらないよ!!
バカレア自身がバカレアのこと大好きなようにヲタクもバカレアのこと大好きだから!馬鹿田最強だから!
愛情重すぎてごめんなさいね!これでもかなり軽量化した方なので許してにゃん♡
号泣しながらこの記事書いたなんてそんなまさか♡*1

*1:ゾウも潰れるほどの重さ

じゅにあコン!!

ついにきたよねええええ
時代がやっと回ったよおおおお
もうここしばらくずっとじゅにあコンやってくれないかなーーが口癖だったので本当についに!という感じで…
時はきたという具合ですかね…!
というか横アリ1回だけなんてそんな馬鹿な話はないわけで、きっと土曜にも追加は出るものだと思っていますが
それ見越して既に宿も手配済みだしd(^_^o)むしろどっちが本命かわかんないくらい泊まりの遠征というものが楽しみで仕方ないd(^_^o)
ここ数年の間にフォーラムとかクリエでじゅにあコンというもの自体はあったけど*1、横アリでじゅにあコンっていうと07年9月のあの横アリ以来なわけで
つまりあの狂気染みた横アリのままじゅにあ担の中で時が止まっていたということでして……
だから「じゅにあコン@横アリ」の言葉にいろんな人がいろんなことを思い出すんだろうなあという、そんな重くて暑苦しい思いを背負って満を持して今年の冬なんですねえ*2
ここ数年しばらく、呪文のようにじゅにあコンやらないかなーと唱えていましたが、でも06〜07年のようにメインを張って引っ張っていけるユニがなかったのも事実で。
だからその度に実際問題無理だねーという結論に至ってたんですよね
でも、この夏をじゅにあ担という目線で過ごしてみて、なんとなくそれが今年は解禁できるような気がしていて。
それは自分がじゅにあ担だから過剰評価してるわけではなくて、むしろ改めてじゅにあ担になって細かいところまで見れてシビアに判断できる立場になった上で、だからこそこうして感じられたということを重要視してほしいんですけど。
はっきり言って、バカレアの彼らなら今のじゅにあのトップに立ってコンサートも引っ張っていけると思ったんですよね。(他じゅにあ担からしたら気分悪い発言だったらごめんなさい)
だから自分の周りのヲタ中心に冬あたりにじゅにあコンやるんじゃないかみたいな波は出来てたんですけども。
そしたら実際にバカレアがメインの括りとして出来るということで(´p_q`)その事実が嬉しすぎてですね(´p_q`)
正直、バカレアちゃんたちは見れば見るほどまだまだ未熟だなと感じている日々ですが、またこれを機に大きく個々としても成長できるチャンスだと思ってがんばってほしいな、と。
バカレアラインがメインでやらせてもらった上でいろんなじゅにあ担に「楽しかったー!」と言ってもらえたらこんなに嬉しいことはないなと。
だからそういう意味を背負ったことを理解しつつ彼らにはがんばってほしいなーと!
そういう意味でもすごく楽しみな冬!になりそうです!
早く12月にならないかなー!
ということで。
バカレアの括りについてはちょっとどこにも吐き出しにくい気持ちがあるので、ここに書かせてくださいということで次の記事に書きます。

*1:自分が行ってないから正直あまり把握し切れてない

*2:こういう考え方をすること自体が重くて暑苦しいんですよね^^

劇場版私立バカレア高校

公開おめでとうございます・*:.。. .。.:*・゜゚・*
じぇしたん銀幕デビューおめでとう・*:.。. .。.:*・゜゚・*
12日は前夜祭、13日は怒涛の舞台挨拶と、本人たちもヲタクも大変だったと思うけどwお疲れ様でした!
私はそんな公開初日の13日は舞台挨拶には行かず、じぇしたんの銀幕デビュー一回目を見届けようとおとなしく近くの映画館へ朝一の初回上映を見に早起きしていました。ええ、ただのヲタクの意地です。
舞台挨拶ももちろん行けるなら行きたかったけど、私には学園祭の思い出があるのでそれをエサに今はまだ余裕で生きております*1
映画はネタバレが出来ないと思うと発言に本当に困りますね……
とりあえずじぇしたんはドラマのときとキャップのかぶり方というか前髪のセットの仕方が違ってイケでした。・゚(゚⊃ω⊂゚)゚・。
でもユウキと誠のターンが映画の後半なため、前半の馬鹿田かわいいねかわいいねのシーンには漏れなく出られなくて羨ましかったり。
じぇし担的見どころを羅列しますね
バイリンガルユウキってば本当にわんだフォー!
・イキがるじぇしたん
・女子にデレるじぇしたん
・俺のユウキに手出す奴はブッ殺す by誠*2
・さすが売れっ子は発言が違いますねジェシーさん私にもお金ください
・すのまんにキバ剥き出しじぇしたんの顔芸
・紐で縛られるわんこじぇしたんこっちにおいで
・達也の携帯が鳴ったらポップコーン食べたりジュース飲むのやめて注目
・とにかく注目。見て損はない。
・えっアメリカ系マフィア乗り込んできた!?!?!?
・いいえただのジェシーですリメンバー
・てつやー!(たけだー!)
・しょーへーしゃん…
・実験失敗した科学者ってば一人の癖に手強いね>ゆごじぇし
・本編がもうすぐ終わってしまうの私だって寂しいよアイミスユー
・ううんじぇしたんは何も悪くないよ。・°°・(>_<)・°°・。
・相変わらず君らは宇賀神の発見が早いですね
といったところですかね(^з^)-☆
ふざけてますがこれを読んでちょっと見てみたいわーと思えてもらえたら本望です。
今のところ私は3回見ましたが、毎日昼過ぎには次早く見たいいいいと軽く禁断症状が出るくらいには本当に楽しくてかわいくてかっこいいので迷っている方はぜひ。
彼らの今現在の輝きをあの大画面で見られるのは今だけです。
最近バカレアの未来を思うと無条件に目から水が流れてくるほど重い系ヲタクな私は、最初のOPから泣けてきたわけですが、途中でのユウキ誠のターンでも泣き、ラストのEDでも泣き、ととりあえず常にめそめそしていました。
湿っぽくて自分でも嫌になるよねー本当に
でもドラマもコンサートも映画も6人で突っ走ってきて、今や6人がまるっと愛しくてたまらないバカレア担からしてみると、内容もですがそれ以上に6人がスクリーンに映っている感動と、6人の今後を思うと涙が止まらないんですよね
コンサートもやれたとは言え、まだユニット名もない6人を6人として愛していくのって、何が起こるかわからないじゅにあ界を知っているこっちとしては賭けだと思うし本当につらいです。
正直映画を見ながら「この映画が終わったら…」とついネガティブに考えてしまう瞬間もあって泣いたことも事実です。
でも私は彼らが信じて突き進む限り信じて着いていきたいし、でもこの状況に甘んじず、常に気を引き締めてバカレア6人を見守っていきたいなあと。
それなりの覚悟も持ちつつも、彼らが信じてがんばっているのにファンが信じないわけにはいかないので。
6人もそれを信じて希望を持って全力で挑んだ映画であることは見ていれば痛いくらい伝わってきたし、バカレア担以外の人にも伝わっていればいいなーと思います。
劇場版バカレア大ヒットしますように!
たくさんの人の目に映りますように!
そしてたくさんの人の心に残る映画になりますように!
これから続くバカレア組の歴史の一つとなりますように!(基本的に愛情が重すぎる)
馬鹿田最強ーー!!バカレア最高ーーー!!!。・°°・(>_<)・°°・。
うおおおおおおお!!!

*1:この話はまた別エントリーにて。へへへ

*2:※セリフではありません